見る対象を子供と大人で変えるのには勇気が必要です

歯科に行くのは大人だけではありません。
もちろん子供だけが歯科に行くわけでもないです。
子供と高齢者しか歯科には行かないという事もあり得ません。
病院には子供を主に治療するところと大人を対象にしたところとがあります。
子供を対象にしているのは小児科です。
小児科なのに大人を対象にするはずがありません。
歯科も子供を対象として治療をおこなう小児歯科があります。
一般歯科の患者数も多いですけど、小児歯科の方がはるかに多いです。
子供は急に身体を壊す場合があります。
小さい子供は特に気を付けないといけません。
歯の場合は急という事はほとんどないですが、それでも歯を悪くする子供は多いです。
虫歯になったら歯科へ行くのが重要です。
歯科へ行かないといけないのですけど、なかなか行きたがらない子供は多いです。
小さくなるにつれて歯科へ行きたがらないでしょうね。
歯科医になったからと言って小児歯科医になるとは限りません。
本人の意思でどの治療をおこなうのか決めますが、忙しすぎるのが嫌という歯科医は少なからずいます。
一度、歯科医になった以上は簡単に変える事ができません。
対象を大人から子供へ帰るのには勇気がいります。
逆に子供から大人へ対象を変えるのも難しいでしょうね。
今まで見ていた患者がガラッと変わるのですからね。