DVDプレスの片面の白さはいろんな意味での自由性から?!

DVDプレスで配られるようなものの多くは、やはり片面が白色であるといえます。
これはもともとこのようなDVDにプレスしていったものなのかなと思っていたんです。
しかし、あの白色も注文されてこその色であり、全部が白色というわけでもないといいます。
レンタルDVDのように特に写真やイラストの印刷がない場合によく使うものなのでしょう。
そして白色ならではの良さが出てくるDVDのプレスをする方法であるともいえるかもしれません。
プレスの注文にタイトルを入れるようにしないことで、とあるメリットにもつながります。

タイトル印刷の分、費用もかさばらないですし、各自タイトルを書ける自由性も出てきます。
そう、デジタルプランではこのちょっとしたポイントも押さえてくれているのもいいかもしれません。
プレスには注文が欠かせないですが、注文しやすいデジタルプランでもあるでしょう。

またこうすることで、プレスの中身を充実させることができるとも思えてきたりします。
外見をどうするか、で時間をさくこともありませんし、中身だけに力を入れることができるからです。
外にこだわらないDVDプレスも、たくさん作ろうと思う時には楽して決めることができるものでしょう。